立地

家賃収入を得るためには中古アパートの1棟買いが最適だといったが、これは他にも理由がある。

中古アパートの場合、その物件価格のほとんどが土地の価格となっている。

実際に収益を上げてくれるのは建物のほうなのだが、その建物はほぼタダ同然で手に入れることができるのだ。

中古アパートの場合は、ほとんどが土地の価格となっている。

土地価値は簡単に下がるようなことはないだろう。

建物は劣化しますが、土地は劣化はしないし、周辺環境によっては、新築した当時よりも価値が上がっていることもあるだろう。

中古アパートはほぼ土地代だけで建物も一緒に手に入れることの出来る宝船なのだ。

家賃収入を得るためには利回りの良い物件を見つけ出さなくてはいけない。

利回りをよくするためには、まずはなるべく安くてお得な中古アパートを購入することが大切だ。

建物が多少古くてもリフォームやリノベーションをすれば、見違えるようなアパートに変わるはず。

まずは中古アパートを安く入手するために努力しよう。

家賃収入を得るためには立地は重要な要素だ。

しかし駅に近いなどの立地が良い物件は土地が高いために割高だ。

また地方都市よりも大都市圏の中古アパートのほうが高くなっている。

もちろんそんなに高い物件は購入できない。

まずはどういった人をターゲットにするかを明確にして、候補の物件を絞りだすことが大事なのだ。



中古アパート

家賃収入で生活できる大家さんになるためには、物件を購入しなければいけない。

そしてそれにはお金が必要だ。

ある程度は銀行から借りられると判断したとしても、ある程度の自己資金は必要になってくる。

ある程度といっても相手は中古のアパートだから、1千万ほどは用意する必要があるかもしれない。

家賃収入を得る生活を送るためには、まず最初の1棟が大切となってくる。

ここで思うような家賃収入を得ることができないと、今後の大家さん生活が暗転してしまう。

最初の1棟に関しては、別に中古のワンルームマンションでも構わない。

1室だけでしたら、そこまで自己資金はなくても購入できるはずだ。

家賃収入で生活出来るレベルになるためには、やはり中古アパートを購入したほうがいいと思う。

1棟で6部屋あるとして、家賃が6万円するとします。それだけで毎月家賃収入だけで36万円、1年で480万円の収入になる。

ここまで上手くいかないとは思うが、家賃収入からローン返済ができれば問題はないだろう。

家賃収入を得るためには、1棟買いが最適なのだ。

なぜならば銀行からの融資を受けやすくなるからだ。

なぜ融資を受けやすいかというと、土地を担保にすることができるからだ。

ワンルームマンションでは土地を担保にすることはできない。

多少リスクはあっても中古アパートの1棟買いが最適だと思う。



空室

家賃収入を得るためには入居者を集めなければいけない。

入居者を集める仕事は管理会社などに任せておけばいいのだが、それでもなかなか入居者が集まらずに空室ばかりになってしまうこともある。

空室のリスクは、大家さんにとっては避けなければいけないリスクとなる。

家賃収入を得るためには、いかに空室を減らしていくかが大切にだ。

空室があるということは、そこからは一切家賃収入がのぞめなくなるということになってしまう。

家賃収入が得られない部屋は極力なくさなければならない。

将来的には空室であっても修繕が必要になってくる。

そうなると収入を得ないばかりか、損失を生むことになる。

家賃収入をアップさせるためには家賃を上げることを考えると思う。

でもそれで空室が出てしまっては、家賃を上げた意味がない。

もし空室が多くて家賃収入が満足できる金額でない場合は、まずは家賃を下げることを考えてみよう。

ただやみくもに下げるのには賛成はできないが、物件の購入価格と、周辺物件との兼ね合いで判断しよう。

家賃収入が下がってしまうと思うかもしれないが、空室がないということは多少の家賃の値下げはカバーできてしまう。

おそらく家賃を周囲の相場よりも下げることで、空室はなくなり、結果として家賃収入が増えることになってくる。



物件の購入

家賃収入を確実に得ることができる成功大家さんになるためにはどのような考え方が必要になるのだろうか。

家賃収入だけで生活している大家さんのほとんどは物件購入のプロだ。

さまざまなルートから格安物件情報を集めだしてくる。

そしてその物件を購入することで得られる家賃収入を計算して、利回りが10%程度確保できる物件を購入しているのだ。

家賃収入が月5万円程度でいいのであれば、中古のワンルームマンションなどを購入することで達成できると思う。

しかし毎月数百万もの家賃収入をのぞんでいるのであれば、高い利回りが確保できる中古アパートを購入することが大切になってくるだろう。

しかもなるべく安く購入することが大事なのだ。

家賃収入を得ることができる物件が果たして安く売っているのかという疑問があると思う。

しかしそういった物件は次々と出てくる。

こういう情報は表には出てこない。

これらの情報は不動産業者から成功大家さんに流れていくようだ。

家賃収入を毎月得ることができるようになると、自然とさまざまな物件情報が不動産業者から送られてくるようになるという。

大家さん業で成功すると、物件探しに奔走することもなくなってくる。

まずは何が何でも物件を所有して、大家さんとして活動をスタートすることが大切かもしれない。


http://www.havlikpetr.com/2014/05/09/%E6%8A%9C%E3%81%91%E6%AF%9B%E3%81%A0%EF%BC%81/

家賃収入

家賃収入だけで生活している人がいる。

大家さんと呼ばれる人達だ。

大家さんは複数の物件をもっている。

一般的にはアパートやマンションを持っており、その物件を入居者に貸している。

その際に大家さんに支払われるのが家賃だ。

基本的には大家さんは毎月何もしないで、この家賃収入を得ることができる。

家賃収入を得ることができるようになるには、複数の物件を所有しなければいけない。

単純に所有物件を増やしていけさえすれば、家賃収入は上がってくる。

毎月何百万という家賃収入を得ることができれば、大家さんとして一人前だろう。

でも何百万円という家賃収入を得ることができるまでには、それなりの苦労もある。

家賃収入を上げていくためには、所有する物件を増やしていかなければいけない。

しかしこれには多額の資金が必要となる。

中古のアパートといえども一般人が払えるような金額ではないかもしれない。

そんな物件を複数所有するためには、ある程度の自己資金が必要になってくる。

家賃収入だけで生活できるようになれば、これほど幸せなことはないだろう。

毎日会社に行く必要はないし、毎日休日のような生活を送ることもできるだろう。

物件の管理も管理会社に任せていれば、毎月振り込まれる家賃収入だけを確認すれば仕事は終了だろう。



http://www.11kk.org/2014/04/01/%E9%8A%80%E5%BA%A7%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%85%A8%E8%BA%AB%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%81%AE%E8%A9%95%E5%88%A4/